Caffe/moka
モカによるブログサイト。 ゲーム、漫画などの二次絵から一次創作まで広く浅く。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いつくままにシンフォギア語り&拍手お返事
なんかいろいろ感じたり考えたりしたことについて。

いやー前回の記事でも書きましたが面白いですね、シンフォギア。
BDもキャラソンCDも全部購入予定ですッ!笑

10話まで放送され、とうとうクライマックス近し、と言ったところですが。
ここまで見てきて、なんとなく頭の中でぐるぐるしてることがたくさんあるので、ここらで一度吐き出しておこうかと思いまして。
ツイッターだと大量の箇条書きは鬱陶しいですしね、せっかくのブログ、活用せねば。

■響について
・一話冒頭で死んだような描写がある。(墓地に立つ未来、遺影)
・墓に写真が置かれており、その前で未来は泣き崩れ、「もう会えない」と言っているが…死んだとは明確に示されていない。
・墓石にも名前はない。
・とはいえ実際一度は死んでいる?(ガングニールの破片。諦めるなッ!されて生き返った)
・描写的には瀕死でしかない…かな?

・10話時点で一度も絶唱は唄っていない。が、この流れで唄わないとも思えない。
・絶唱は適合率が低いほうが負担がでかい。適合力は奏>>>翼>響っぽいので響はそれほどダメージ負わないかも?
・ただし響の場合、破片と肉体的に融合しているので適合力以前の問題で大ダメージかも?(武装錬金的なアレ)
・ガングニール初起動や、デュランダル起動時の黒化現象が気になる。聖遺物と直に融合したゆえのことなのか、響だけに起こり得る特性なのか。
・身体能力の向上はガングニールとの融合の影響らしい(公式サイトより)。随分強くなったなあとは思ったもんだが…
・アームドギアがないのは10話のアレをやりたかっただけなのか、それともさらなる伏線のためか…?

■了子とフィーネについて
・了子は現状黒幕最有力候補。
・ただし、個人的な意見として一番推したいのは「別人格としてフィーネを宿してしまった」人。
・つまり、了子の不自然な行動
①ネフシュタン起動実験の事故の際、姿を消している
②郊外から(古城から?)の帰還描写
③血の付いたアタッシュケースの回収
などはフィーネの行動、あるいはその後の了子の行動ではないかと。
ただ了子自身も完全に善行のために動いてるわけではなく、彼女が異端技術者であるがゆえの「好奇心」のせいで
フィーネについて誰にもなにも言えずにいるんじゃないかと。
そう考える理由としてはまあ、デュランダル起動時の表情とか、響を「研究対象として」観察していると思しき描写ですかね。
アタッシュケースについては、米軍(?)が強奪したものを、さらにフィーネが部隊全滅させて奪ったのかなーとか。

・あとフィーネの人格については、ネフシュタンの鎧のせいで発生したのではないかと思ってます。
というのも、OPにワンカットあるんですよね、鎧を纏ったフィーネの姿…
・あとはクリスが鎧を砕かれた際の侵食描写と、了子が撃たれて再生するシーンの侵食描写とかですか。
クリスの着ていた鎧はオリジナルではなくコピー、あるいは子機のようなものじゃないかと。

・二年前のネフシュタン起動実験でネフシュタン暴走→了子を侵食、フィーネ誕生
その後、了子はフィーネの存在と行動に気づくものの、その行動の結果自分の研究が進みそうだから容認してるって感じかな…?

・うーん、素直に了子=フィーネでもいいような気はするな…
金子シナリオ的にそこまでミスリードはなさそうなんですよね。怪しそうなやつがあやしい。

・あ、カ・ディンギルといえばWAユーザー的にも天へと伸びる塔ですけど、今作ではWA2よろしく背塔なんじゃないかなー。建造されてるのに気づかれない。

とまあ、自分なりに考えてるのはこんな感じかなー。
とりあえず当たり外れはわりとどうでもいいんですが。笑
残り3話、全力で楽しみたいと思いますッ!

最後に拍手お返事。

>こばさん
お久しぶりですッ
シンフォギア、やはりWAファンとしては目が離せませんよね…ッ!
久々の金子節、お互い楽しみましょう!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://caffemoka.blog136.fc2.com/tb.php/31-bc6d2c1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。